自賠責保険

ギフトにも最適♪TVで紹介・雑誌で紹介された
楽天ランキング1位お取り寄せスイーツ

自賠責保険は強制保険です。すべてのバイクは自賠責保険に加入することが義務付けられています。もし、未加入(期限切れ)で運転すると、法律により以下の処分を受けることになります。
[50万円以下の罰金または1年以下の懲役] + [免許停止処分]
また、自賠責保険に加入していないと、車検を受けられません。車検時には、車検期間をカバーする保険期間の自賠責保険に加入している必要があります。
自賠責保険は被害者が怪我をした場合のみ保障があり、対物賠償や運転者本人の怪我等はカバーされません。
バイクの自賠責保険はどの損害保険会社でもネット契約を行っていますので、もしまだ自賠責保険に入っていなければ今すぐ加入することをお奨めします。

バイクの任意保険

バイク保険には、強制加入の自賠責保険と任意加入の任意保険があります。
「自賠責保険(強制保険)」は、被害者である相手の「人的損害」だけが対象で、事故の相手の車の損害や休業補償などは、自賠責では補償されません。また、「人的損害」についても、支払限度額が、傷害120万円、死亡3,000万円、後遺障害4,000万円と低めに設定されていますので、昨今の高額賠償判決を考えると、自賠責保険だけでは十分とは言えません。
対人賠償の補償の上乗せ、対物賠償などの事故に備えバイク保険(任意保険)への加入をお勧めします。
任意保険の補償内容は、
・ 他人に対する補償(自賠責保険の不足分を補います)・・・対人賠償保険
・ 他人の物に対する補償・・・対物賠償保険
・ ご自身および同乗者に対する補償・・・搭乗者傷害保険、自損事故保険

現在、日本全国には約325万台のバイク(排気量125cc超)が保有されています。しかしながら、バイク任意保険の普及状況は低く、最低でも必要な「対人賠償保険」すら約36.6%にとどまっています。
75%を超える普及率である四輪車に対して約半分の付帯率となります。これは保険会社や代理店が事故が多く損害率が高い「バイク保険」をあまり積極的に販売してこなかったことが背景にあります。逆に言えば、それほどバイクの事故は起き易く、賠償額(保険金額)も大きくなるということです。バイクの利用者としては入っておくべき保険と言えるでしょう。

スポンサードリンク